相続専門 不動産コンサルティング

横浜不動産コンサル株式会社

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
045-263-969(10:00~18:00)

会社概要

代表挨拶

私は東日本大震災をきっかけとして、自分の人生をかけて自分らしく社会に貢献できることは何かと思案し続けてまいりました。その結果辿り着いた答えは、自分の経験と知識を生かして、中立・公平な立場でお客様が100%主役のコンサルタントとしてお役立ちしたい。
「お客様が安心して不動産のことを相談できる窓口」としての社会的使命を果たしていきたいということでした。

これまで不動産業界に約20年間在籍し主に売買仲介・物納された国有財産の底地借地関係の業務等を行ってまいりました。その中で一番不思議に思っていたことは、日々の不動産取引の現場において、
ほとんどの方が特に資産家の方々は不動産の相談を不動産業者にではなく税理士、銀行員、弁護士などに相談していることでした。

「なぜ不動産のプロではない人々に相談されているのでしょうか!」
「不動産は、個別性が強く不動産業者に相談しなければ解決しないことが多いはずなのに!」

おそらく不動産業者に相談すると「業者の都合のようにされてしまうのでは」と警戒心が働いているのかもしれません。それは、不動産業界のグレーで分かりづらい慣習、胡散臭い印象がそのようにさせているのかもしれません。
業界人の一人として不動産業界の信用度の低さを反省しております。

また、不動産業界にかかわらず、日本では各専門家が縦割り社会の枠組みの中で
自身の専門分野に偏りすぎる傾向があります。
税理士であれば節税、FPであれば保険等に偏ることで本来の依頼者の想いに沿った対策にはなっ ていない場合が数多く見受けられます。

これらの反省を生かし、横浜不動産コンサル株式会社はお客様100%の立場で資産税に強い税理士・司法書士・弁護士・土地家屋調査士・不動産鑑定士等の各専門家の方々と連携しながら進めてまいります。
そして正直にわかりやすく最適なご提案をし、
本来の「想い」・「悩み」・「問題」にお応えしてまいります。

最後に、すべての人々が家族との絆を深め平穏な日常を送ることができる社会を創造するために、
不動産コンサルタントとして使命を自覚し社会に貢献してまいります。

代表取締役 飯島 潤治

代表取締役 飯島 潤治

1967年福島県いわき市生まれ 創価大学経営学部卒
横浜の不動産総合商社であるリスト株式会社に約17年間勤務し、主に不動産仲介・
物納された国有財産の底地・借地関係の業務に従事。
横浜東口支店の責任者などを経験し、取扱物件数は3000件以上の実績をもつ。

公認不動産コンサルティングマスター
不動産仲介士(日本RSP協会認定)
定借プランナー(上級)
宅地建物取引主任者
相続診断士(相続診断協会認定)
NPO法人
湘南不動産コンサルティング協会会員
相続対策専門士
神奈川県不動産コンサルティング協議会相談員
NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員